盗聴行為について

 盗聴行為は、相手の会話など音を盗み聴く行為ですが、何もストーカーといった犯罪行為だけに使われているわけではありません。警察でも事件解決のために使われていますし、探偵事務所では浮気調査など仕事のために使ったりします。防犯対策の意味も込めてストーカーを引き合いに出しましたが、安全のためにも盗聴器は使われていて、実際にその成果を上げているのです。しかし、一般の人が盗聴器を仕掛けるケースは増えてきました。このページでは、盗聴器を使用しての盗聴行為が具体的にどう使われているのかを見てみたいと思います。安全のための盗聴、興味本位での盗聴などそこにはさまざまな目的が存在するのです。

盗聴行為の種類

安全のための盗聴行為

 盗聴器を設置して盗聴を行う行為にはさまざま目的がありますが、その一つに「安全」のための盗聴器設置があります。安全のための盗聴とは?最近は犯罪が増加の一途を辿っており、自分の身を守るための防犯アイテムがとても多くなったといえます。痴漢撃退用の目潰しスプレーや護身用のスタンガンなどありますが、防犯対策の意味で効果を上げているアイテムといえば「監視カメラ」ではないでしょうか?監視カメラは文字通り、その場を監視するために使われる防犯アイテムです。この監視カメラにより、近年起こっている犯罪の数々を報道番組などテレビを通じて見ることができるようになりました。生々しい映像は、犯人を特定するためにとても貢献しているといえるでしょう。盗聴器も、そういった防犯目的のために使われています。

 泥棒が侵入してきたときを想定しての会社への盗聴器設置や、自宅への設置。会社の場合、従業員がサボっていないかなどの「監視」としての役目も果たしています。自宅に設置する場合、ひょんなことから夫の浮気を知ったりするかもしれません。また、証拠を得るための盗聴器設置などがあります。主に警察が「事件解決」のために使うのですが、会話を録音することができるのでこれが動かぬ証拠になることが多いようです。このように、盗聴器は安全を守るために使われるケースがあります。

仕事のための盗聴行為

 仕事として盗聴器を使用しているケースもあります。真っ先に思い浮かぶのは、やはり「探偵」ではないでしょうか?依頼人からさまざまな依頼を受ける探偵といった職業は、尾行や盗聴といった警察が行うような行動が成果を上げるためにとても重要なのです。そして、その行動は「プロ」ならではです。盗聴器を仕掛ける場所としては、会話を盗み聴きできる「電話機」が多いと思うのですが、簡単に盗聴器が発見されるようではプロではありません。簡単には発見されないようにさまざまな工夫がされており、素人が盗聴器を発見するのはとても困難といえるでしょう!盗聴器を使う依頼は、やはり浮気調査といったものが多いと思いますが、何ヶ月もかけてターゲットの身辺を洗い出すのは、やはり探偵だからできることなのでしょうね。盗聴器に録音された会話は動かぬ証拠となるので、離婚を成立させるための大きな材料となるようです。

興味本位での盗聴行為

 今の世の中は、とても便利な時代だといえます。情報を収集するために活用するものといえばなんでしょうか?恐らく、今皆さんが見ているパソコンのインターネットでしょうね。インターネットを活用すれば、自宅にいながらも世界の情勢を知ることができます。そして、便利になった反面、個人でも盗聴器の使い方や入手といったものが簡単に行えるようになりました。インターネットを使って安易に購入できる結果が招くのは、「興味本位」といった遊び感覚での盗聴行為です。ただ「聞いてみたい」といった感情が、さまざまなトラブルを招く事に気づいていません。その他にも、好意をよせている人や嫌いな相手への嫌がらせを行うために使ったりなど、今では簡単に盗聴器を仕掛けることができる時代なのです。

おすすめWEBサイト 5選

福岡県のホテル
http://www.greges.jp/
赤ワインのセット
http://www.shop-maruhiro.jp/shop/item_list?category_id=237188
ウェディングブーケの製作|はなもも
http://hanamomo.in/
アメリカ雑貨の通販
http://www.omoshirozakka.com/

2016/6/23 更新

Copyright (C) 2008 誰かあなたの声を聴いている. All Rights Reserved.